除霊の仙台天光

先祖供養について

『先祖』と聞くと難しそうに聞こえますが、特に難しいものではありません。
基本的に先祖霊達の不満や心配事を、無くして安心させてあげれば良いのです。

先祖霊たちは皆、子孫の幸福を願わないものはおりません。
しかし、先祖霊達がいくら子孫達を守ろうとしても、子や子孫が悪念を持ったり、悪行をしたりと良くない生活をしたり、また、土地、建物などに悪霊がいると、先祖霊達も守りたくても守れません。
これは、成仏している仏に対しても『子孫が苦しみを与えている』ようなものです。
また、生前にこの世に『念』が残っていたり、仏壇が何時も閉まっていて年に数回しか開けない、とかお墓が傾いていてもほったらかしにしている場合など、自分の言い分や不満、苦しみをわかってもらおうと様々な現象を起こして気づかせようとします。(現象としては、電化製品がよく壊れたりする事も多々あります)
これが一般的に、先祖が浮かばれない為に起こる『霊障』と言われるものです。

この世に生活する子孫達が、正しい信仰心(宗教的なものではない)を持ち、正しい安定した生活を営み、日常の生活の中で、日々仏様に対する反省と感謝の念を持つことで、先祖達も子孫が自分達のことにこんなにも善くしてくれる事に感謝し、その結果成仏していく事ができるのです。
そして、いつまでも子孫達を見守ってくれるのです。

先祖の感謝の念は、私達子孫にとって『徳』として積まれ、私達自身の善い行いも『徳』となり自分自身の『宝』になっていくのです。これは、万一事故などに遭った時に軽いケガですんだり、命が助かったりするというカタチで現れるのです。

先祖供養とは、供養する方が本当に供養してあげようとする『心』がないと、形だけのものとなり、ご先祖様には届かないのです。
そして日々善い念を持ち、善き行いを実行して行く事が、先祖供養にもなるのです。
そうすれば、ご先祖様がこちらの世界にいる子孫に対して心配事が無くなり、自分があの世で修行するための準備ができるのです。そして家族や親類などが、ご先祖様に対して愚痴などを言わずに『心の愛情』を持って想ってあげる事で、その子孫の想いがご先祖様を成仏させる後押しの役目を果たすのです。

これらが、『本当の先祖供養』なのです。

ですから本当の意味では、当方は、『先祖供養の為のサポート』を行なっている事になります。

本当に供養できるかどうかを決めるのは、実際に供養を行なう子孫の『心』なのです。

▲ページトップに戻る