除霊の仙台天光

水子供養について

『水子』とは、生命の種が宿ったにもかかわらず、諸事情でこの世に生を受けれなかった、または数ヶ月しか生きれなかった霊(魂)の事を言います。
その霊が、お母さんやお父さんのそばに居るのです。
また、ご自身に心当たりがなくても、親族・先祖から来た水子がいる場合もあります。

様々なご事情で、おなかに宿った命の灯を消してしまったり、思い出したくない心の傷になっておられる方も多いと思います。
水子にしても、お母さんの健康状態や経済状態から逝ってしまった子供も居られます。
どちらにしても小さな小さな御霊です。大切に想ってあげて下さい。

水子供養というのは、日々その子の事を思い出してあげる事が一番の供養だと考えます。
人によっては、思い出すのはとても辛い事かもしれませんが、忘れ去られてしまっている子供はもっと悲しい思いをしています。
水子は、親の足に絡みついて、自分の存在を教えようとしてたりします。
「寂しい!悲しい!」そんな辛い想いを抱えて泣いている哀れで可哀想な小さな子供がたくさんいます。

ただ、供養をを堅苦しく考えなくても大丈夫です。お墓や仏壇がなくても供養はできます。
水子達は、お母さん、お父さんの『やさしい言葉』を待っています。
どうぞ、声を掛けてあげて下さい。

名前が無い場合は、付けてあげてください「今日からあなたは○○ちゃんよ」と。
外出する時、食事をする時、お風呂に入る時、遊ぶ時、就寝する時・・・、生きている子供と同じように名前を呼んで、声を掛けて一緒に過ごしてあげてください。
この際、声に出さなくても大丈夫です。気持ちの中で念じるだけで届きます。
これを続けていけば、水子も普通の子のように成長していきます。(成長の早さは異なります)

ただ、中には生まれてこれなかった事への恨み、悲しみが、時には『悪さ』をしたり『災い』をもたらしたりします。
その為に供養をし、気を鎮めてもらう事が大切なのです。

水子は、お母さん、お父さんが亡くなるまで一生付き合っていきますので、大切にして下さい。

▲ページトップに戻る